審査スピード早いビジネスローンで、急な資金繰りズバッと解決

*

ビジネスローンを活用する

急な資金繰りには、無担保、無保証人で利用できるビジネスローンがおすすめ。ビジネスローンとは、次の3つの特徴をもった借入れ方法のことをいいます。
  • ①無担保・無保証人
  • ②審査スピードが早い
  • ③個人事業主。中小零細企業が対象
ビジネスローンを大きく分けると、銀行系とノンバンク系の2つがあります。以前はそれぞれ特徴がありましたが、現在では大きな違いが見られなくなりました。

一般の金融機関の融資との違い

そこで、銀行などからの一般的な融資と比べてみましょう。下図のようにかなりの相違点がることがわかります。通常は金利が低く、返済期間の長い一般的な融資を選んだほうがよいのですが、提出書類の準備や審査日数に時間を取られるため、融資の実行は遅くなっていました。

審査通過率が高いビジネスローンとは?

ビジネスローンに申込みしたいけど、審査が通過しやすいカードローンや、ブラックでも審査が通るカードローンは知りたいって気持ちはわかりますが、当サイトで審査が甘いビジネスローンの紹介はしておりません。

また、審査が通りやすいカードローンなんて存在しません。なので、今までに消費者金融や銀行、クレジットカードから、お金を借りて、延滞があるような方は当サイトの情報はお役に立ちません。

当サイトでは、ビジネスローンや。カードローンを新規に申込みしたい方や、ローン利用履歴も正常な方のための情報提供をしております。

審査が早いカードローンを利用限度額・金利・審査時間などを比較しています。
お急ぎの場合には、面倒な書類郵送などの手間暇が省けるWEBから申込みができます。 金融機関によっては、スピード審査、即日融資も可能です。
ご利用には返済計画を立てて、無理の無いキャッシングをしてください。

カードローン

カードローン申し込み方法

▼カードローンとは? ▼
カードローンは、銀行で受ける一般的な融資と異なり、基本的に担保や保証人が不要で、本人確認を行った上でのスピーディな貸付を行なう「信用貸付」という形を取ります。
それゆえ、実際にお金が振り込まれるまでの時間が融資に比べ短く済み、例えば「今日中に○○万円必要」といった要望にも答えやすく、スピーディなお取引が可能です。

カードローンは比較的小額なお金を必要とする時に便利です。


▼ウェブカードローンとは? ▼
また、最近はインターネット上でカードローンの申し込みが出来る「ウエブカードローン」が主流です。

有人店舗に出向いてのカードローン申し込みは、当然のことながら社員がいる時間帯しか受け付けてもらえなかったのが
ウェブカードローンなら、24時間受付の場合がほとんどで、しかも指定した銀行口座に直接振り込みが完了するというネット完結型のカードローンサービスです。


インターネット上で簡単に多数の金融会社の金利や条件などを比較できるのも大きなメリットがあります。

パソコンや携帯電話を使用できる環境にある方なら、カードローンはインターネットで行うのが普通になってきています。


また、女性からすれば有人店舗に出向くのも気が引けるとかいう場合や地方にお住みになっている方には、わざわざ店舗のある場所まで出向かなくても良いという面から利用範囲も広くなっています。


▼ カードローンは、どういう会社で借りるのですか? ▼
カードローンを行っている金融会社は様々です。

代表的には
■消費者金融
■銀行
■信販系
の3つになります。
それぞれ、金利、融資額などに差がありますのでご自分に合ったカードローンを利用する事が重要です。

一般的には、銀行系や信販系のカードローンは金利が安く、審査が厳しいといった傾向があります。

消費者金融は、即日振り込みのカードローンが可能な所が多くお急ぎの場合には強い味方になります。


即日融資がご希望の方には、消費者金融がやはりお勧めです。

ノーローンやレイク・ディックなど、一定期間無利息でカードローンをできる所も増えており、お給料日までの間だけカードローンを利用したいという方には金利の負担も少なくてすみますのでオススメです。


▼カードローンお申し込みに必要なものを揃える ▼

カードローンをインターネットでの申し込みの場合は申し込み時にはなにも必要ありません。
各会社のホームページから必要事項を記入するだけで大丈夫です。


その後、お金が振り込まれた後に自宅に契約書類が送られてきますがその時点で次の物が必要になります。

 「印鑑」「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」「外国人登録証明書」等の身分を証明する書類のいずれかのコピーが必要となります。


書類の説明に従い必要事項を記入し返送すれば後日、書類の控えやカードが送られてきます。


カードが届いた後、その後のカードローンは簡単に利用できるようになります。
カードローンならではのお得な特典もなんかもあるので持っておくと便利です。(50万円以上の借入の際には、現在の収入の確認できる書類「源泉徴収票」「給与明細書」「納税証明書等のコピー」が必要となる場合があります。)
 


▼カードローン保証人や担保について ▼

一般的なカードローンには必要ありません。ただし借り入れの金額や、商品のプランによっては必要になってくる場合もあります。
 

▼ 勤務先や自宅への在籍確認について ▼

勤務先への在籍確認は、個人名での電話確認が行われます。会社名などを名乗る事は一切ありませんので、安心してお申し込みください。
 


▼ カードローンのお申し込み方法 ▼

1.お申し込み前に各金融会社のホームページにて、お申し込み条件や融資限度額、返済方法、利率、利用規約などを確認します。

融資シミュレーションや返済シミュレーションをホームページに用意している会社であれば、申し込みをする前にシミュレーションサービスを利用すれば、借り入れの目安がわかり便利です。


2.カードローン会社のホームページの申し込みフォームに必要事項をお間違いのないように入力し終えたら、送信ボタンを押してください。


3.カードローン会社の方から申し込みの確認・本人の確認・審査結果や手続きの詳細などが、Eメール、又は電話で連絡されます。

即日融資の場合では、この時点で契約の内容にそって指定した口座に当日中に振込まれます。(営業時間外の場合は翌日)


4.後日、契約書類が自宅へ郵送されてきますので、必要事項を間違いのないように記入し返送してください。

数日後には、会員証や契約証のお客様控え、カードが送付されます。その後は各金融会社の指定された方法でカードローンを利用してください。


5.返済方法は「金融会社の店頭」「金融会社提携ATM・CD機へ入金」「指定銀行口座へ振込み」「自動口座引き落とし」
 「提携しているコンビニのATM」 などがありますので、返済しやすい方法をお選びください。
 

▼ カードローンご利用上の注意  ▼

消費者金融はテレビ・雑誌などで有名な大手企業からマイナーな企業まで数多くありますが、中には法律で決められている上限金利(約20%)を大幅に上回る金利で貸し出す悪質な「ヤミ金融」も存在します。世に言うトイチ(十日で一割の利息)やトサン・トゴというような会社もあります。


初めてカードローンを利用される方はなるべく知名度のある銀行系や信販系あるいは大手消費者金融を選ぶのが安心で無難と言えます。

 
当サイトでも書いていますが、カードローンの際には正規の登録業者であるかをまず調べましょう。

カードローン会社の安全性などに不安のある場合は、お申し込みをされる前に金融庁のホームページで世紀の登録者であるかを調べられますので必ず調べましょう。


キャシングやローンを利用する際には、使用目的を明確にして、ご自身の収入と、支出、借り入れ・返済額を照らし合わせ無理のない返済計画を立てましょう。