カードローン比較 ~今すぐ借りるカードローン

多重債務

カードローンの多重債務は防ぐには、おまとめローンなどを利用します。

多重債務

①カードローンは便利といえども「借金」です。
したがって安易に借金をしてはいけません。返済額が滞ったりすると多重債務に陥りることになります。
多重債務に陥らないために最低限知っておいていただきたい事項をまとめましたので、よく理解して計画的にカードローンを利用しましょう。
特に自営業者の資金繰りなどには、あちらこちらの金融機関から借入れすれば、それだけ月々の返済額も大きくなります。
このような場合は楽天銀行のスーパーローンを利用して、借入れも一本化すれば返済金も楽になります。

②多重債務の苦しさと恐ろしさ
カードローン(消費者金融)の安易な利用により、借金が雪だるま式に増えてしまう
「多重債務」に陥るケースが年々増加して問題になっています。

中には、夜逃げや借金を苦にした自殺など深刻な事態に追い込まれる人もいます。

多重債務に陥らないために

③金利の負担に注意しましょう。
使い道を問われない消費者金融のカードローンは金利が高い傾向にあります。
毎月の返済額は同じでも高金利ほど返済負担が重くなり、返済する期間も長くなります。

多重債務に陥らないために

*現法律上、年利29,2%を超えて貸金業を営み貸付を行うと、貸しては刑事罰の対象となります。
尚、15~20%を超える金利は無効で、借り手には返済義務はありません。

③グレーゾーン金利は支払い義務はありません。
最近よく聞く「グレーゾーン金利」ですが、15~20%を超29.2%以下の金利部分を指します。
グレーゾーン金利は無効であり、支払う必要はありません。但し、現行法では任意の支払いで、
かつ貸金業者が法律で義務付けされた書面交付をしていた場合、グレーゾーン金利でも支払った場合には有効となる場合もあるので注意が必要です。
尚、法改正により、グレーゾーン金利は、平成22年に廃止が決定しています。

多重債務に陥らないため5か条