カードローン比較 ~今すぐ借りるカードローン

オリックス銀行カードローンで借りるメリット

オリックス銀行カードローンの利用法と、おススメ楽天銀行カードローン会社の利用限度額や金利の比較、申込みについて説明してます。

カードローン

借入先が安心な銀行系カードローンの特徴を整理してみましょう。

【ポイント:金利は低いものが多い】
ローンを組む上で重要なのが金利です。銀行系カードローンは比較的低利なローン商品が多いから返済にも大きな負担がなくてすみます。
一例を紹介しますと、楽天銀行のスーパーローンは、最高限度額が800万円で金利も年1.9%。
オリックス銀行カードローンは、最高限度額が800万で金利は1.7~17.8%で低金利。

▼オリックス銀行カードローンは、自営業者、パート・アルバイトも利用できる使い道自由(※)な大型ローンです▼
オリックス銀行カードローン


※ただし、事業性資金にはご利用いただけません

これまで銀行系カードローンの場合、借入限度額が低めなものが多かったのですが、最近は商品のバリエーションも増え、高めの借入限度額も増えてきました。事例であげた楽天銀行やオリックス銀行カードローンの借入限度額が決して低くはないことがおわかりでしょう。

また、以前は、来店が必要なものが多いというのも特徴として挙げられていましたが、最近は、銀行系でもインターネット上から申込みから審査~融資ができるようになり、来店不要で借りられるものも増えてきました。ちなみに、前述の楽天銀行スーパーローンやオリックス銀行カードローン、プロミスカードローンも来店は不要です。

さらに、返済は「口座引落」「振込返済」「提携ATM返済」の3つから選ぶことができるので、自分のやりやすいように返済することができます。

ポイント:審査基準が厳しい?

銀行系カードローンは年収や勤続年数はじめ、他の消費社金融のカードローンに比べて、審査基準が厳しい、という特徴も挙げられます。
しかし、ネット銀行である楽天銀行カードローンやオリックス銀行カードローンは利用者の利便性、緊急性を考慮して面倒な事務手続きなどを削減したり、スピーディーな融資ができるように努めています。

ポイント:カードローンの利用上で注意すること】

銀行系カードローンに限らずですが、カードローンを検討する際には、以下ののような点に注意するといいでしょう。
* カードローンで借入額が大きくなる場合は、もともとの借入の目的に合わせた目的別ローンと金利を比較して検討しましょう。
実質年率のほか、エリアや限度額、審査の期間、来店の要・不要などで絞り込めます。
* 返済に無理はないか、よく検討した上で利用しましょう。延滞すると30%近い金利がつく上、住宅ローンなどを利用する際の障害になることもあるので注意。
* 借りられることが確認できた中で最も有利なものを利用したい場合、「一括申込み」を利用して手間を省くのもいいでしょう。

要するにカードローンを利用する場合は、本当に必要な借入なのか、そのための商品としてベストなのか、金利や返済方法などをよく確認した上で利用してくださいね。

利用範囲も広いオリックス銀行カードローンを利用すべし
消費者金融の借り入れは、もろに年収に比例して、借り入れが制限されます。
しかし、オリックス銀行カードローンや楽天銀行は、ですので、年収の範囲に制限されず、借り入れも可能です。
消費者金融系での借り入れが膨らんでいる人は、オリックス銀行カードローンを利用することもできます。

最短即日審査ですから、借金問題を解決させる意味でもオリックス銀行のカードローンを利用してみてはどうでしょう。

オリックス銀行カードローンは最短即日審査で自営業者も利用できる資金使途ローンです

自営業には、急な出費や資金繰りは付きもの。
オリックス銀行カードローンは自営業者や中小企業の立場に立って、資金使途自由(事業性資金は除く)なカードローンを用意しています。

オリックス銀行カードローン