プロミス お金借りる
プロミス お金借りる > プロミス申込み~審査‘ > プロミスの審査は甘い?プロミス審査通過のポイント
プロミス審査

プロミスの審査は甘い?プロミス審査通過のポイント

プロミスからお金を借りる時に気になるのが「審査に通過できるのか」といったことですよね。
どこからお金を借りる場合でも審査は必ずありますし、審査に通過しなければお金を借りることはできませんから、何かコツやポイントが知りたい!というのは当然ことです。

審査の基準は公表されていないので正確な答えはプロミスのみが知るところですが、一般的には以下の4つがポイントとされています。

  1. 年収の3分の1以下を借りる
  2. 申込で嘘の記述をしない(年収や他社借入をごまかすなど)
  3. 一度に複数の会社に申込まない
  4. 所得証明書があると有利になることも

年収の3分の1以下を借りる

プロミスは総量規制の対象なので「年収の3分の1」までしか借りることができません。
年収300万円なら、100万円までしか借りられないわけです。

年収の3分の1以上の借入を希望した場合は無条件で審査不合格となってしまいます。
他社からの借入がある場合も、それらを含めて3分の1までしか借りられませんから、年収300万円で例えばアコムから50万円借りているのであれば、プロミスからは50万円までしか借りることができません。

ただし、住宅ローンや車のローン、奨学金は含まれません。

また、専業主婦の場合は自身に収入がないのでプロミスに申し込みをすることはできません。
例え、夫の収入が1000万円を超えていたとしても、夫の収入で審査に申込むことはできません。

申込で嘘の記述をしない(年収や他社借入をごまかすなど)

「審査に絶対に通らないとヤバい・・・」という気持ちも分かりますが、年収や他社借入などをごまかすのも審査に落ちてしまう原因となります。
いわゆる、こういった個人の信用情報は審査時にプロミスにチェックされてしまうので、嘘の申告をしても必ずバレてしまいます。

バレてしまった時点で審査は不合格になってしまいますから、たとえ年収が少なくても正確な情報を記載しましょう。

単純に年収が低いことだけが審査不合格の要因になるわけでもありません。
アルバイト収入だけで借りられた方というのもいますから、正しい情報を入力しましょう。

一度に複数の会社に申込まない

こちらも「絶対お金を借りたい!」となるほどやってしまいがちですが、複数社に同時に申込むと「複数利用しないといけないほどお金がないのか」と判断されて審査に通過しづらくなります。
どうしても複数社申込みたい場合も2社までにしておきましょう。

3社以上の場合は信用情報に傷がついてしまう場合もあり、信用情報の傷は半年ほど残ってしまい、他のカードローンに申込んだ時も不利になってしまいます。

所得証明書があると有利になることも

プロミスでは借入希望額が50万円以下の場合、所得証明書不要で運転免許証だけで申し込みが可能です。
しかし、所得証明書は客観的に収入を証明することができるので、提出することで審査に通過しやすくなることもあるようです。

所得証明書として認められるのは

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細(直近2ヶ月のもの)

があり、この中から一点準備すればOKです。

プロミスの審査は甘くありません。公平平等です

審査に通らなければお金を借りられないので「審査の甘さ」って気になりますよね
結論から言うと、プロミスの審査が他のキャッシングと比べて特別甘いということはありません

無職や19歳以下、70歳以上、専業主婦の方が申し込みをしても残念ながら審査を通過することはありませんし、申込で嘘の記載をしたとしてもバレて借りるのは難しいかと思われます。

しかし、「20歳以上69歳以下の安定した収入のある方」というプロミスが提示する基準を満たしているのであれば、お金を借りられる可能性はあります。
「自営業は審査に通らない」「アルバイトやパートの収入しかない学生や主婦は絶対にムリ」なんて言われますが、しっかりと
審査のポイントを抑えていれば、絶対にムリなんてことはありません。

【安定した収入とは?】
安定した収入とは「高い年収」ではなく「勤続年数の長さ」で判断されていると言われています。
一つ例をあげると、月に30万円稼いでいるけど働き始めて2ヶ月の人よりも、月に10万円で勤続年数6年の人の方が安定した収入があると判断されるわけです。
プロミスはお金を返してもらえなくなるのが嫌ですから(プロミスだけじゃないですね笑)、長く働いている人の方が安心して貸すことができるというわけですね。

借りられるか心配なら「借入3秒診断」がおすすめ

プロミスでは「生年月日」「年収」「他社借入額」の3項目を入力してお金を借りられるか診断してくれる事前審査が用意されています。
あくまでも事前審査なので合格したとしてもすぐにお金を借りられるわけではありませんが、この審査に通過すれば借りられる可能性があるわけですから「借りられるか心配」という方は、一度チェックしておきましょう。

もし審査に通過しなかったとしても、個人の信用情報にキズがつくことはありませんし、今後のローンに不利になってしまうようなことはありません。