プロミス 即日融資店舗はココ~お金借りるポイントも解説

*

お急ぎなら審査が早いプロミスがベスト!

休日に遊びすぎてお金がない!資格のために急いでお金を用意しないと!どうしても欲しいものがある!
そんなお金のピンチを救ってくれる強い味方がカードローン。
だけど、お金を借りたことなんてないし「親や職場にバレない?」「どこから借りるのがおすすめ?」「そもそも自分でも借りられるの?」など、不安に感じることも多いでしょう。
当サイトでは、そんな疑問に対する解説を交えながら厳選カードローンをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

プロミスで借りる基本

  • 低い限度額で申込む
  • 申込書に勤務先や自宅住所など虚偽記載をしない
  • 勤務先に確認電話あり
今日中に借りるなら、審査が早いカードローン
20110516追加 728*90

慌てて申込みしてはいけない!

今すぐお金を借りたいがために、適当に申込みしている人が多いようです。確実にお金を借りるなら、もう少し慎重にならないといけません。なぜなら、カードローンに申込むと必ず審査があります。もし適当に申込んで審査に落ちたら、自分の信用情報にキズがついて、後々にお金を借りることが難しくなります。なので、審査には絶対通るように申込みについては慎重にならないといけません。

カードローンの種類と審査ポイント

カードローンには消費者金融と銀行の2種類があります。どちらのカードローンにも大きな違いはありませんが、審査が早いカードローンをご希望なら消費者金融のカードローンがおススメです。
消費者金融に悪いイメージを持つ人がいるかも知れませんが、そんなことはありません。CMでも有名なプロミスやレイク・アコム・モビットなど認知度が高い消費者金融で多くの人が利用しています。

急いでお金を借りたいときに、スマホやパソコンから時間や場所を選ばずに申込みができて、審査から融資までWEBで完了できるキャッシングやカードローンのサービスを提供する会社が便利です。

カードローン借りるなら審査に通過する

金融業者によってカードローンでお金を借りるための条件は違いますが、基本的には以下の項目を審査でクリアしていなければ借りることはできません。

  • 20歳以上、安定した収入のある人
  • 申込みに虚偽記載しない
  • 連絡がきちんと取れる人

当サイトで申込件数が多い審査が早いカードローン

初めて利用する方でも安心して申込みできる審査スピードが早い消費者金融カードローンを厳選しています。20歳以上で安定した収入のあるパート・アルバイト・派遣・大学生・主婦・社員・自営業まで幅広い利用者がおられます。初めての利用者には無利息サービスがある順に紹介しています。
01位
プロミスは即日融資が可能
プロミス
CHECK→最短審査!最短融資ならココ!
  • 借入可能か3項目3秒診断でスグわかる
  • WEBなら最短1時間融資が可能!
  • 郵送物無し!カードレスでWEB完結
価格 評価 備考
500万円まで円 4.5%〜17.8% 30日間無利息※
Point!
最短1時間で融資も可能なプロミスは今日中にお金を借りたいときに助かるカードローンです。テレビCMも放送して知名度も高く、信頼度も高め。最高金利も17.8%と他の消費者金融カードローンと比べても低い金利設定なので、少ない利息で借りられるなどメリットも多くなっています。
※プロミスとはじめてご契約の方で、Eメールアドレスを登録いただき、書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択いただいた方。

プロミスで借りてわかったプロミスの特徴

最短1時間でキャッシングができるスピード力

プロミスの魅力は最短1時間でお金が借りれるという安心とスピード力。「今日中にお金を借りたい」「2時間後に使う予定がある」といった緊急の場合に対応できるので、これだけでも利用する価値はあると言えます。

即日融資に対応している消費者金融カードローンは他にもありますが、最高金利の低さや「30日間無利息サービス」「カードレスも可能」という利便性を考えると、プロミスの方がおすすめできます。

ただし、いつ申し込んでも最短1時間で借りられるというわけでもなく、例えば、「平日14時までに申込・審査・契約まで終わらせなければ即日融資できない」といった条件もあるので、急いで借りたい場合は自分が申込む時間帯に合わせた申し込みをするのが、すぐに借りるためのポイントとなります。

カードレスだから郵送物なし

お金を借りる時はローンカードと呼ばれるカードを使って銀行やコンビニのATMからお金を引き出します。

しかし、プロミスではローンカードをなくしたカードレスも可能で、「取引はネット上だけでOK」「ネットからの申請で口座に振り込んでもらえる」「カード・郵送物がないから家族や友人にバレることがない」といったメリットがあります。

お金を借りる時は「家族にバレたくない」という方も多いかと思います。借金がバレる原因としては「ローンカードが見つかる」「郵送物(審査完了後に送られてくるローンカードや契約書など)が見つかる」といったものがほとんどですが、裏をかえせばコレらを無くすことで、家族バレを防ぐこともできるというわけです。

プロミスならカードレスを利用することで、「ローンカードなし」「郵送物なし」で利用することができ、まだまだカードレスが可能なところは少ないので、家族バレNGな方にもプロミスはオススメだと言えます。

初めての利用なら30日間無利息サービスあり

プロミスの30日間無利息サービスは「借入から30日間分の利息は0円ですよ」といったサービスです。お金を借りる時には必ず付いてくる利息ですが、30日間無利息サービスを使えば単純に利息を減らせるわけですから利用しない手はありません。

3万円や5万円などの少額借入なら翌月に完済することも難しくないので、実質利息0円でお金を借りることもできますし、例え10万円や20万円で翌月の完済は無理でも、トータルで見れば少ない利息でお金を借りられるメリットがあるわけです。

銀行カードローンだと少ない金利で借りられるというメリットがありますが、少額の借入ならむしろプロミスの方が少ない利息で借りることもできますね。

プロミスの30日間無利息サービスを利用する条件は、契約時に「メールアドレスの登録」と「Web明細利用の登録」をすること。メールアドレスは登録しておくことでプロミスのメルマガや返済のお知らせが届くようになり、Web明細はスマホやPCからいつでも明細を確認できるので、登録しておいた方が便利です。

特に「キッチリと完済したい」「絶対に遅れを出したくない」という方ほど、返済に関するお知らせや明細をチェックできるのはかなり助かりますよ。

近くの銀行・コンビニで利用可能

プロミスは「プロミスATM」「三井住友銀行」「イーネット」「ローソン」「セブン銀行」で借入・返済を行うことができます。イーネットはファミリーマート、ミニストップ、スリーエフなどに設置されています。

「プロミスATM」「三井住友銀行」で利用すれば手数料も0円なのでお得です。

50万円以下なら免許証だけで申込も可能

借入希望額が50万円以下なら原則「運転免許証のみ」で申込が可能です。50万円を超える場合や他社借入と合わせて借入額が100万円を超える場合は、別に所得証明書が必要となります。

所得証明書は準備するのが面倒な場合も多いので、特に急いで借りたい場合には助かります。

ただ、銀行カードローンと比べると「50万円以下」というのは決して高い条件ではありません。銀行だと「100万円以下」「200万円以下」といった額まで所得証明書は不要なので、100万円以上の大口融資を希望する人はプロミスよりも銀行カードローンを利用した方がいいでしょう。

逆に「5万円、10万円などの少額借入希望」「30万円を今日中に借りたい」というような少額借入即日キャッシングを希望する場合は、プロミスの方がおすすめとなります。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば24時間365日融資可能

プロミスは平日14時までに申込から契約まで終わらせなければ即日融資できないという条件があります。これは銀行の営業時間が平日15時までなので、平日14時までに終わらせなければプロミスが口座に融資できないということが関係しています。

しかし、三井住友銀行とジャパンネット銀行はプロミスの提携銀行のため、24時間365日いつでも融資ができます。どちらかの銀行口座を持っているのであれば、間違いなくプロミスを選んだ方がいいでしょう。意外とお金が必要になることはたくさんありますので、今後のことも考えると用意しておくと何かと都合がいいですよ。

3項目入力で簡単3秒診断!

限度額 実質年率 審査時間 即日融資
最大500万円 年4.5%~年17.8% 最短30分 最短1時間も可能
保証人 在籍確認 パート・バイト 月々の返済
不要 あり 可能 2,000円~

※:審査込み具合や申込の時間帯によっては翌営業日以降の審査・融資になる場合もあります。

プロミスへの申し込み方法

プロミスへの申し込みには4つの方法があります。

①②インターネットか電話での申し込み

時間や場所に左右されず気軽に申し込みできるのがWeb・電話からの申し込みです。
特にWebは24時間365日受付で、簡単入力で申し込めます。審査の結果もメールか電話で連絡してくれますので自分の都合の良いタイミングで確認できます。

審査が通ったあとのご契約もWebで可能ですが、その際は選択した金融機関で本人確認ができていることが前提となります。Web完結が利用できる金融機関はプロミスの公式ホームページにてチェックしてみてください。カードなしを選択した場合は、これでお借入れできる状態になります。やはりカードが欲しいという方は、カードなしを選択した後でもカードを発行してもらえるので安心です。その際手数料は発生しません。

③郵送によるお申込み

郵送での申し込みをされたい方はまず、インターネットから、また店頭窓口から、さらにはプロミスに電話をして申込書を取り寄せることができます。申込書を記入し、必要書類のコピーとともに郵送します。運転免許証がなければパスポート、健康保険、住民票のいずれかでよろしいです。記入した連絡先に後日審査結果を連絡してくれます。審査が通れば、契約書類とカードを郵送してくれますので受け取り、借り入れ可能となります。

③プロミスの店舗・ATM自動契約コーナーで申込み

プロミスには有人・無人の店舗があります。無人の場合、自動契約機が設置されていますので、そこで誰にも会わずに申し込むことができます。必要書類をあらかじめ持参し、スムーズにいけば30分ほどで契約まで行くことができます。その場でカードを発行してもらえるので、すぐにお金が必要の時はとても便利です。自分一人では不安だという方は来店をお勧めします。無理なく利用できるようにサービスなどを説明していただけますので安心できると思います。

このように自分のライフスタイルに合わせて懐が寂しい時、どうしても必要な時に気軽にお借りできるプロミスを有効活用し、生活を楽しんでいきましょう。